>
売却の手順(買い替えでない場合)

 

 

 

売却の手順(買い替えでない場合)

 

 

     突然の転勤、高齢のご両親との同居など・・・

     急に今まで住んでいた家を売却しなければならなくなった

     どうしたらいいんだろうか?

 

どんな売却でも、ポイントとなるのは

ローン残額が売却額を上回る場合、現金で清算しないと売却出来ない事※です。

売却したあとではローンの返済を続ける事は原則出来ません。注意して下さい。

 

※残金を現金清算

住宅ローンでは金融機関が不動産を担保にして融資をする。返済できなくなると、金融機関は抵当権を行使して、該当物件の任意処分や競売をして資金を回収する。抵当権設定契約は登記簿に記載される為、売却時には残債を清算して抵当権を抹消する手続きが必要となります。

 

 

ここでは買い替えでない場合の手順を説明します。

 

 

1.条件整理と現状把握

売却動機や目的、売却完了までのスケジュールや期限を明確にした上で、住宅ローンの残債や預金額等、自分の経済状況を現状把握することが大切です。売却額でローン残債を清算出来れば◎。できなければ手持ちの現金で清算する必要があります。

 

2.査定依頼

自分の物件がいくらぐらいで売れるのか目処をつける為に査定を行う。複数の不動産会社に物件を訪問査定してもらうのがベストです。査定は無料。事前に情報誌やインターネットで売却価格の目安を調べておくと安心です。

 

3.売却依頼

信頼できる不動産会社を選び、契約を交わします。契約は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3形態があります。専属専任媒介、専任媒介は1社のみ(積極的な販売活動を行ってもらいやすい)、一般媒介は複数の会社に依頼できる(広く販売活動を行える)いずれかを選びます。

 

4.物件の売り出し

査定額をもとに不動産会社の担当者と相談して売り出し価格を決めます。短期間で売却したいなら価格を比較的低めに設定します。

 

5.引渡し

買い手が決まったら、売買契約を交わして代金を受け取り、住宅ローンの残債を清算します。同時に、所有権の移転と抵当権抹消の登記申請を行います。売却額から仲介手数料等や税金が差し引かれることも頭に入れておくことが大切です。

 

 

 質問一覧に戻る

 

Copyrights (c) OOKAWA. All Rights Reserved.