>
住宅ローンが残ったままの財産分与

 

 

 

住宅ローンが残ったままの財産分与

「私、離婚するの  今の家は慰謝料代わりに貰うの」 最近ではよく聞く話・・・

でもそれって本当に大丈夫?? 特に住宅ローンがまだ残っているなら気をつけましょう。

 

 

今は夫がローンを返済している  

離婚後もそのまま返済してくれる

でも、購入時に連帯保証人になっていませんか?

もし元夫が返済をしなくなったら、あなたが返済請求されます。

どんなリスクがあるのでしょうか?

 

 リスク1

~ローンの名義人が退去し、財産分与を受けた別の人が住み続ける場合~

住宅ローンは「申込みした本人が所有し、居住するための家に対して融資されたもの」。

この原則が崩れると融資条件と異なる状態になるため、金融機関側は融資したお金の一括返済を求めてくる可能性があります。

 

リスク2

~妻が、夫名義のローンの連帯債務者あるいは連帯保証人※になっている場合~

銀行の承諾を得ず、所有権名義を夫から妻へ変更しても、連帯債務者もしくは連帯保証人はそのままです。

所有権名義、住宅ローン名義の変更は、抵当権を持つ金融機関の承諾が必要。住宅ローン名義を妻に変更するのは、妻に返済能力(定期収入など)がなければできません。

元夫がローン返済を滞る(元夫は新たに居住費が発生するので経済的に相当な負担となり、返済が滞る可能性は否定できない)

 ↓

金融機関が、連帯債務者・連帯保証人である元妻へローンの返済請求をする。

 ↓

元妻がローン返済を引き受ける。

 ↓

返済を肩代わりできなければ任意売却か、最悪、差し押さえから競売となり、家を手放す事になります。

 

※連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人は、原則、融資額を決定する際に審査対象となった収入合算者(配偶者など)が連帯して債務を負う。住宅ローンの連帯保証人となっていた配偶者は、離婚しても返済の連帯責任がある。連帯保証人を安易に変えることはできないので注意が必要です。

 

 

離婚なら、家を売却して売却益を財産分与するのが安心出来ます。

 

 

質問一覧へ戻る

 

 

 

Copyrights (c) OOKAWA. All Rights Reserved.